気分はうさぎ色
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
命日
今日はあの日の覚えてる事を思い切って書きます。

11月19日

1年前の事になりますが娘のように可愛い可愛い愛うさぎゆずが突然旅立ってしまった日。

そのころ家の改装をしていて隣の姉の家にゆずは1か月仮住まい。

朝夕はもちろん時間のある時は僕もそこで一緒に過ごしてました。

その日はとても寒く雪が舞うような日だったことを覚えてます。

前晩おやつだと普段走って食べに来るのに反応悪いなとは思うも深くは考えず

当日の朝も反応は悪かったのですがフードは食べてる様子なので少し気になりながらも

フードの上におやつを入れて仕事に出かけました。

その日なぜか、時間がたつにつれ引っかかるものがあり、仕事中も落ち着かなくなり、

相方にも早く帰れれば様子を見て欲しいと電話を入るほどでしした。

仕事も早めに切り上げ急いで帰ったのを覚えてます。

帰宅したその足でゆずの部屋へと走り「ゆずちゃ~」と声をかけながら戸を開けた時に

飛び込んできた違和感は何とも言えないものでした・・・

ケージの中のゆずは何時もでは横になることのない位置で僕の声に反応してない様子。

血の気が引く思いと、同時にあわててケージを開けてゆずを抱きかかえた・・・




暫くして相方も慌てた様子で帰ってきてくれ、

僕はそれでもゆずを抱いたまま「ゆずが・・・」と言うのが精一杯でした。

その後も温もりを既に失っているゆずを抱いて何度も何度も名前を呼んで離すことができなく

ごめんよ、ごめんよ、と繰り返してたような。。。

もうその後はよく覚えてなくて・・・





相方のアドバイスもあり、その夜はずっとゆずと一緒に過ごし最後のお別れをしました。

朝を迎えたころにはそれなりに少しは落ち着くことができてたかな??

それから相方の運転で道後フォレストガーデンへ

ここでもよくは覚えてないのですが

なんとかゆずを見送る事が出来ました。(相方には感謝してます)



あれから早1年。。。

原因は定かではないのですが、もっと注意して見ておけばとか、あの日に出来た事があったはず

それは今でも思ってますが、少し時がたち良い思い出ばかりが思い出されます

「僕のところに来てくれてありがとう」この気持ちだけはずっと変わらないよゆずちゃん^^



そして、今日は可愛いお花を持ってお墓参りに行ってきます。


スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。